2017.06/15(Thu)

『にっぽんアニメ 100年』


 11日にBS11で放送された、「にっぽんアニメ100年」 
 NHK でも同じような番組を放送していて比べるつもりはないが・・・でもせっかく(??)なのでちょっと感想を。

 MC の顔ぶれをみてあまり深い話にはならないだろうなあと思った。
 それでもNHKの番組よりは早送りする時間はだいぶ短かった。
 なんといってもOP からマッハGOGOGO やガッチャマンが出たのはいいねー。
 竜の子アニメを多く放送してくれるかな、と期待。

 シロクロのアトムは見ていた・・と思う。
 ほとんど覚えていなくて、でもラストは鮮明に覚えているので子どもながら衝撃的だったのだろう。(いま考えると、あそこまで太陽に近づいたら後はそのままでも引力で突っ込むと思うが)

 余談だが鉄人28号の操縦桿は昔(アーチ型)の虫籠で作れる。


     虫かご

     こんな感じの・・・


 本体に白のテープを貼り、ボール紙でレバーを作り上部に貼り付ける。
 が、たったこれだけのものなので、「行けー、鉄人!」なんて言ってレバーをガシャガシャするとすぐにレバーが取れる。。

 しかし年表を見ていると、ああアニメのいい時代に生きたなあとつくづく思う。
 シンプルでわかりやすい年表だがその時代のものなので、「石森章太郎」はそのまま「石森」と書いてほしかったなあ。

 野沢さんが、「石森先生がお皿にキャラクタを描いて─」にびっくりしたが直筆ではなく印刷だったのね。
 でも羨ましい。
 石森先生といえばサイボーグ009だが、話中のBGM も好きでね。のちにサリーちゃんやマジンガーZ にも頻繁に流れていたっけ。

 そしていよいよクイズ!
 でも、「原作無しのオリジナル」ですぐわかったけどね。
 竜の子アニメの紹介タイムがあったのだから、もう少しガッチャマンを出してほしかった。

 でも不思議なのは、日本のアニメ100年記念なのにNHK も民放もなんでこんな中途半端な番組内容やMC なのだろう。
 あまり深くするとマニアックになるから?
 視聴はアニメファンだけではないだろうからわかりやすくした?

 確かに淳が毎日アニメを見ていた頃から考えると、まさかアニメに関する番組が放送されるなんて想像できなかったけど。

 うーん、でも不完全燃焼だなー。
 ファンは満足していないと思うよ、竜の子に限らず。

スポンサーサイト
17:14  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05/05(Fri)

『ベスト・アニメ 100 投票結果発表』


 3日に放送された「ベスト・アニメ 100」の録画を見る。

 ツイ友さんのツイで結果や内容はあららら・・・と思ったが、中間発表などここに書いてきたので区切りとして一応見てみようとスタートしたのはいいが・・・えーと・・・正直言って見る価値あるの? この番組。
 ゲストのどーでもいい話が続く。聞くべきところはどこだろう。MC の上川さんと氷川さんは別だが。

 ここでも言葉使いが変。
 生放送なのでかなり気を遣った言葉使いになっているが、そういうコメントは詰らないね。

 とても3時間も見る気になれず早々に早送り。
 アニメ関係でこれだけ早く回すのは(見ないのは)初めてだ。

 60年代のベスト20には「ロビン」や「009」「マッハGOGOGO」が入っていた。うん、納得。
 が、淳がほぼ毎日入れていた「科学忍者隊ガッチャマン」はベスト100にも70年代のベスト20にも入っていなかった。
 70年代は良いアニメが多いし、(確かに淳もガッチャマン以外はウロウロと迷っていた)淳年代でネット投票する人はかなり限られているという事か。

 でもそれは仕方のない事。
 どうしても近日のアニメの方が強いし、若い人の方が投票しやすいだろうから。
 裏を返せば、淳はアニメ時代の1番良い時に見る機会を時間をたくさん与えられていたって事だ。
 100に入っていようが関係ない。
 ただ70年代のベスト10に「ゲッターロボ」や「マジンガーZ (ベスト20には入っていた)」のいわゆるスーパーロボットものが入っていなかったのは不可解だ。

「ヤマトは何をしに行ったの?」
 これには驚いたが、淳も1位になった「タイバニ」は見ていないので話はわからないから他人の事は言えない。
 国家と言われた主題歌だけが知れ渡っているのだろうか。

 日本初のカラーアニメがなぜ中国の話だったんだろう? ← 今さら? (^_^;)
 日本の古事記とかじゃダメだったの?
「ヤマト」の紹介の時の歌はなんでバックコーラスだけなんだろう? (途中曲が変だった)
「ガンとゴン」「星の子ポロン」 なにそれ? 「チョビン」じゃなくて?
 アニメ生活の長い淳は、見ていなくても題名は知っているものも多いがこれは初耳だ。映像は無いというが、調べたらニコ動にあった。あ、やっぱり知らない。

 で、この投票ってどうして実施したんだ?
 NHK がヒマや視聴率稼ぎに企画したとは思えないが、1日3番組、何回でも投票できるなんてきちんとした結果を求めようとしたとも思えない。
 本当にやるなら1人1回1番組だけでやらなければ。(さすがにこれは技術的に無理?)
 100年記念のお祭り?

 1番最初にこの番組(企画)を聞いた時は嬉しかった。
 アニメオタクという言葉が無かった頃からマンガ(もちろんコミックも特撮も含む)に夢中だった。が、テレビのマンガが好きだなんて言うと変った子扱いだった。それがNHK で堂々とアニメの話が出来るようになったのだと。
 だけどこれではなあ・・・。

 マルチプレーンカメラ、懐かしいなあ。昔タツノコのスタジオで見たものと同じだ。(それはそうか)

 今まで放送されたこのベスト100の番組は一応取ってはあるが、ディスクにまとめる気にはならない。
 ほんとにすっ飛ばしたから淳の知らない話も出てきているのかもしれないが聞く気にならない。

 でもこの企画が過ぎてわかった。
 自分の好きなものは好きなもの。見たいものを見て書きたい事を書く。
 それだけで充分。

 ふとこの番組や投票に参加(?)した視聴者のなかで淳は歳が上の方なんだろうなと思った。
 日本のアニメが日本に、世界に承認されたのを見る事が出来た。それは幸せだ。

 もうちょっと続けたい、アニメ人生。
 ここに来てくださる方達と共に。


21:24  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/21(Fri)

『ロボットあれこれ』


「ニッポンアニメ 100 ロボットアニメ大集合」

 7日にNHK で放送された。

 マニア向きの内容にはならないだろうと思いながら・・それでも「ゲッターロボ」や「マジンガーZ」「ライディーン」などが出るとやはり胸が躍る。
「ライディーン」に関しては間違った解釈(コメント)があったが、見ていない人だったので仕方がないか。

 まぁ、番組の感想も無くそれだけだったけど。

 あれ、あの外人さんは・・・。
 そう、出演者の1人、トリスタン氏は淳がをいま読んでいる。「水曜日のアニメが待ち遠しい」の著書。
 出版は1年半程前で、なぜ読んでいるかというとフランス人が見た日本のアニメの魅力を紹介していて、その中に「科学忍者隊ガッチャマン」の字(解説やエビガイではないので)もあるのでとりあえず読んでおこうかと思って。

 まだ途中なので、読み終わったら何ページにあるかまとめて「ひとりごと」にアップする予定。

 この本の中でトリスタン氏は「グレンダイザー」がいかにしてフランスで大ブームになったかわかりやすく解説している。
 空前のブームと言われていたのは知っていたが、このような事情・経緯があったとは知らなかった。

 この番組では人間のMC の他に市販されているロボットが出ていた。またアトムを自分で作ろう(組立よう)という商品も発売されたばかりだ。
 淳はいわゆるスーパーアニメと(今では)呼ばれるアニメを見て育った世代だ。白黒のアトムも見ていたと思う。(実はあまり記憶に無い)
 昔はマンガの中でしかなかった事が今では現実になっている。きっといつかロボットも自分で作り、気軽に動かせる時代になるだろうと子どもの淳は思っていた。(きっと誰もがそう思っただろうね)

 市販のアトムは自分で設計して作るのではないがAI が搭載され、人間の名前と顔を一致させ友達として記憶させる事もできるらしい。
 まぁ、これについては別の話になるが─。

 子どもの淳が見たらさぞワクワクしただろう。
 ところが大人の淳が見たら・・・あ、そうなんだ、って・・・それだけ。ワクワクも感動もなかった。

 性能だけみればロビやペッパーの方が市販のアトムより上だろう。だがあのアトムが手に入るとワクワクしている大人が多い。
 彼らは精巧なロボットが欲しいのではなく、アトムという子どもの頃の夢が欲しいのだろう。

 淳がアトムを欲しいと思わないのは、その後の魅力的なロボット(アニメ)を見過ぎたせいかもしれない。(いや、魅力的なのはロボットより操る人間達だ)

 そういえば昔、ロボットというといわゆる機械・・つまりプログラミングのみで動くもので、ヒト型で自分で考えて動くものをアンドロイドと言っていたが・・・今は見方(分け方?)が少し違ってきたように思う。


16:40  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02/18(Sat)

『ベスト・アニソン 100 投票結果発表』


 18日放送の「ベスト・アニソン100」の投票結果発表のライブ番組を見た。

 残念ながら淳が投票した曲は入っていなかった。
 まあ、これは予想していたからいいんだけどね。
 ささきさんも水木さんも曲が多すぎてバラけるのもわかる。

 それにしても知らない歌が多い。
 タイトルを聞いて歌詞がすぐ出てくるのは100位のうちの10曲もなかった。

 それでも92位に入っていた「哀 戦士」も好きだなあ。
 85位の「GO! GO! トリトン?」のラストの? マークはなんぞや? (番組ではこのように表示されていたが、本来は何も付かない)
 「宇宙戦艦ヤマト」で、皆さんが自然に立たれたのはさすが国家。 (^O^)/

 しかしなんというか・・盛り上がらない番組だった。
 淳の好きな曲が入っていないからではなく、司会も進行もヘタすぎる。
 NHKで生放送という事もありヘタな事言えないと緊張しすぎたのか。
 無理やり盛り上げているようで・・でも盛り上がっていなくて、見ているのが辛い。
 テレビではそう見えた。会場では盛り上がっていたかもしれないが。

 ささきさんや水木さんのコンサートを生で見ているからな。そのようにはいかないか。
 でも水木さんもメドレーの時、乗っていないように見えたぞ。
 しょこたんもケンコバも嫌いではないが、歌や映像が流れている時にゴチャゴチャと煩い。
 番組的にはつらないものになってしまったのが残念。

 ラストにやっと「ゲッターロボ!」が。
 ここだけだね、淳がキャーキャー言ったの。

 100年記念だから仕方がないが、やはり全部一緒くたに投票というのは無理がある。

 アニソンの番組なのにその後のアニメをすごく押していたが、これは切り離してほしかった。
 会場にいた人たちもこのアニメを見ていたのかな。(録画だったので淳は見ていない)

 しかしミッチや影山 ヒロノブの曲やロボットアニメがあまり入っていないのはなぜだろう。

 頑張りきれなかったか、淳の世代。


21:34  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01/28(Sat)

『ベスト・アニメ、アニソン 中間投票まとめ @ 淳』


「ベスト・アニメ 100」 「ベスト・アニソン 100」で、淳が1回でも投票したものをまとめておく。(1月27日現在)

「ベスト・アニメ 100」
  ・科学忍者隊ガッチャマン 
  ・ゲッターロボ 
  ・ゲッターロボG 
  ・サイボーグ009
  ・海のトリトン 
  ・バビル2世 
  ・荒野の少年イサム

 ガッチャマンはもちろん毎回投票。あと多いのはゲッターロボとゲッターロボG。
 神谷明さんが主役のアニメが多いな。
 あの頃、淳のお気に入り三大声優さんのお1人だった。


「ベスト・アニソン 100」
  ・明日夢みて 
  ・さらば友よ 
  ・一緒に歩こうこの道を 
  ・よみがえれ歩き出せ 
  ・ガッチャマンの祈り 

  ・ゲッターロボ! 
  ・戦いははてしなく 
  ・アタック! ゲッターロボ 
  ・いくぜ兄弟! ゲッターロボ 
  ・平和の戦士たち 
  ・カムオンゲッター1.2.3 
  ・いざ行け! ロボット軍団 

  ・息子よ 

  ・風の会話 

  ・戦え! ポリマー


 うわ、見事にバラけている。
 ベスト100 に喰い込ませるには1曲に集中して投票した方がいいのだが、こればっかりは絞りきれない。
 まだまだ広がりそうだなぁ。

 それにしても、「さらば友よ」と「一緒に歩こうこの道を」は本篇の歌だが、あとはⅡ かF になるのだろうか。
 アニメではⅡ もF も選んでいないけどね。 (^_^;)

 この記事を書いている時、本家のNHK がベスト・アニメの途中経過を発表した。
 やはり新しいアニメが多い。(いかん・・タイトルしか知らないアニメがほとんどだ)
 ネットで投票しようと思うのは若い世代が多いからか。

 70~80年代のアニメが苦戦しているそうだ。
 それって淳の世代じゃないか。が、頑張らねば。

 年代別(放送時)のベスト10とかやってくれないかなあ。


16:48  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT