2018.06/16(Sat)

『懐かしアニメ の記事』



     新聞エンタメー1

      

 昭和アニメの新作やリメイクかが盛んだ。

 人それぞれ意見や想いはあるだろう。
 淳自身は見たいと思えば見ればいいし、そうでなければ見なければいい。
 ってあたりまえか。

 でも、「ガッチャマン」の本篇だけは新作化もリメイクもしてほしくない。



     新聞エンタメー2



 「ガッチャマン」の文字にはすぐに目が行く。
 ITFだが。


スポンサーサイト
18:32  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03/30(Fri)

『お名前が』


 水木さん、堀江さん、影山さんの3方を「アニソンBIG3」と呼ばれてかなり経つが、淳にとってのBIG3はやはり佐々木さん、水木さん、堀江さんだな。

 新聞の夕刊に載っていたこの方はよく知らないが、「ささきいさお」のお名前が載っていたので。


     新聞すてきー1



     新聞すてきー2



 あ、聞き手は鈴木美潮さんだ。







22:17  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03/24(Sat)

『タツノコラボと Infini ─ T Force Limited Shop 』


 隼人さんとタツノコラボショップやカフェとInfini ─ T Force 公開記念 Limited Shop へ。

 ますはカフェへ。
 ちょっと奥まっていて一度通り過ぎてしまった。日本橋は10ン年前に1回来ただけで、どこがどうなのかさっぱりわからない。
 

     タツノコラボー1


     タツノコラボー2


     タツノコラボ-3


 店先の看板を撮っていたらメイドさんが出てきて、「お帰りなさいませ~」とあっさり捕まる。


     タツノコラボー11

     
 店内は思っていたより狭い。
 カウンターの向こうのモニタにはタツノコアニメのOP が繰り返し上映されている。
 「宇宙エース」がよく知っている「星の炎に」ではないので、昨年の東武百貨店で流れていた映像かもしれない。


     タツノコラボー4


     タツノコラボー5


 メイドカフェなので某CM のように料理に、「萌え萌えキュン!」とかするのかと思ったが(言われたらやるつもりでいた)ここは基本そういうのは無いそう。
 男性だけが通うような店ではなく、女性や家族連れも多いとか。
 確かに居やすい雰囲気でおば・・いや・・お嬢様2人も気に入った。


     タツノコラボー6

     白い翼のシチューオムライスとキャラクターカプチーノ


     タツノコラボー7

     ジョーとデート (^.^)


 頼むのはガッチャマン(の料理)と決めていた。
 ツイッター情報で画像は見ていて、カプチーノの上に乗っているタツノコキャラのシートは絵柄がいくつかあるらしい。
 選べなくて・・・でも淳のはタツノコキャラが揃っている絵柄で良かった。

 そうそう、これ持って帰ろうとそれ用のハンカチも用意してきたが、食べられるシートで時間が経つとフニャフニャになってしまう。  プラシートだと思ったんだけどなー。ガッチャマンのオムライスに乗っているG マークもそう。残念だが持ち帰りは諦める。
 隼人さんもガッチャマンのオムライスにルードビッヒ(ウラシマン)のワイン(風ジュース)。
「この形なのよー」とワイングラスがとても気に入ったようだが、これは持ち帰れない。


     タツノコラボー8

     Gマークを壊さないと食べられない・・・


     タツノコラボー9

 飲んでも破れないが、スプーンでかき混ぜるとくしゃくしゃになるだろうから砂糖は入れられない。


 今までのコラボカフェで見たおまけのコースターやマットも無い。感じのよい店だが、そーいう所はちと中途半端。
 メイドさんもウエイトレスがメイド服を着ているだけで、時々テーブルに来ておしゃべりしてくれる。タツノコが好きという子もいたが・・もちろん皆さん若い。


     タツノコラボー10


     タツノコラボー12


 もう少し店内の写真を撮りたかったが結構お客さんがいたので。
 帰る時、「いってらっしゃいませ~、お嬢様」に2人で爆笑。
 初メイドキッサはとても楽しかった。


     タツノコラボー13

     ジャングル大阪日本橋店 


     タツノコラボー14


     タツノコラボー15


     タツノコラボー16


 ここは先の記事で淳がひとこと言っていたが、狭い会場になかなかの展示物。
 半分は昭和のタツノコ商品が博物館のように並び、あとの半分はアーティストのコラボグッズや55周年記念で販売された商品が並ぶ。


     タツノコラボー17


     タツノコラボー18

     棚の下の段にジョー。さすがにこの上には置けないだろう


     タツノコラボー19

     カッツェのマントを隊員がしてる。失敗続きで降格した? (^_^;)


     タツノコラボー20


 ツイッターで知ったのだが、アーティストコラボ商品の販売は抽選になるそうだ。
 そんなに人気があるのか? と隼人さんと話す。ま、ファンがいてもおかしくないが。
 と、思ったら展示してある昭和のタツノコグッズも最終日に抽選で販売されるよう。


     タツノコラボー21


 特に欲しい物はなかったが、これだけ揃うのはめったにないかも。

 ここからさらに北へ上がり、なんばマルイへ。


     タツノコラボー22


     タツノコラボー23


     タツノコラボー24


 こちらはInfini ─ T Force のグッズがメインだが、やはり55周年のも置いている。
 スクランブルマークのチャームが可愛かったが・・・でもやはり本篇ではなくInfini ─ T Force のマークなのでこれを買うのもなんかいやだ。
 あー、ファンってホントめんどーくさい!?


     タツノコラボー25

     一角でタツノコプロの歴史を簡単に展示。
     Infini ─ T Force メインの店だがどうしてもこちらに目が行く


     タツノコラボー26


 そのあと隼人さんとお茶とおしゃべり。いや、おしゃべりはカフェや歩いている時もずーーっとしていたな。
 隼人さんは話上手で頭の回転も早いので1つ言うと10わかってくれるのでとてもラクで楽しい。なんか言いたいこと言ってたなー、淳。

 色々色々話したが劇場版のInfini ─ T Force に関してはやはり、

「TV版だけでやめておけばよかったのに」

 これに尽きる。


     タツノコラボー28

     コラボのチラシとタツノコ彫金ステッカー、ポストカード

 カフェでメイドさんがレシートに、「落書きさせてください」ってサインしてくれたけど・・・できれば「ガッチャマン」の上は避けてほしかった。 (^_^;)

 そういえば、なんばマルイと ジャングルで合計3000円以上買うとクリアファイルをプレゼントってあったが、絵柄がイマイチだったので萌えなかった。


     劇場版ITF大阪

     大阪の交番に張ってあるポスター。渋谷の次は大阪狙い?





21:13  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03/06(Tue)

『タツノコラボにひと言』


 劇場版のInfini ─ T Force も見終わり、あとは近くでのコラボショップやカフェを楽しみにしているがツイッターなどで少しづつ情報がわかるとテンションが下がってしまった。

  東京に比べアニメのイベントが少ないので小規模のイベントでも本当に嬉しいのに、今回はタツノコだ!
 ワクワクしている淳の心境をわかってもらえると思う。

 コラボカフェは東京と福岡で開催されていて、なんで真ん中を飛ばすかなーと憤慨していたら今回近くでの開店ですごーく嬉しい。
 マルイはInfini ─ T Force 中心のグッズだが、正統派なのでこれはいい。
 が、問題はもう一店舗の方だ。

 3月近くなってツイッターでコラボ用のグッズ(絵)の情報が上がってきた。
 Infini ─ T Force ではなくタツノコキャラクターのグッズだ。
 どんなのが出るんだろーと思いHP を見に行くと・・・ああ、またあの変な絵柄・・・今までにもよく目にしたタツノコキャラの振りをしたわけわからないキャラクター。
 ガッチャマンの恰好をした誰か。キャシャーンの姿をした何かがそこに並んでいた。

 またこれなんだ。どうして?
 去年の東武の時も思ったが、こーいう絵のグッズが今は受けるのだろうか。
 当時の絵を描ける人はいなくても絵のうまい人はたくさんいるのに・・描けるだろうに・・。
 誰でもないタツノコプロが承認してグッズを作れるのだから、タツノコキャラクターを出してほしい。
 それとも今の人はこーいう絵柄の方が好きなのだろうか。

 さらに「ガッチャマン1号」「ガッチャマン5号」ってなに?
 そーいう新しいキャラクターなのか? ← いじわる淳

 ここでハタッ! と気がついた。
 そうかコラボなんだ。
 今までのようなタツノコグッズではなく、アーティストが新たにデザインした商品・・・ポスターにもちゃんと「タツノコラボ」と書かれているじゃないか。(当時絵に近いグッズもあるが)
 そうかー、コラボなんだね。

 だけど・・・

 当時の事ばかり言うのもナンだけど・・・淳はこんなグッズは欲しくない。

 もっともこれらはタツノコプロが監修し許可した正式のグッズ(絵)なので淳がとやかく言う事ではない。
 欲しい人が買い、そうでなければ買わなければいいだけのこと。
 それでもタツノコの名を冠しているのだから売れてほしいとは思う。(・・・思うが淳はいらない)

 だってねー

 変な絵のグッズを作る → 往年のファンはそっぽを向く → グッズが売れない → タツノコ商品は商売にならない → タツノコのイベントはやめる

 なんて事にならないようにーと老婆心が。

「うわー、欲しいグッズがありすぎて困るー! 貯金無くなるー!」

 という悲鳴を上げるような物を出してほしい。

 カフェに近いので一応覗くが、この店舗は昭和のおもちゃがたくさんあるからそちらの方が気になる。


 さらに追加情報で、これまでに発売された「タツノコアイテム」も出るらしいのでそちらを見てこよう。


17:00  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02/26(Mon)

『劇場版の「Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ」』


 劇場版の『Infini ─ T Force ガッチャマン さらば友よ』を見た。


     劇場版ITF-1


 平日の正午とはいえ、150のキャパに淳を入れても10人に満たない観客。
 見ながらブツブツ言っても咎められないだろう。

  ── 以下、ネタバレもあるので未見の方はご注意を ──





 テレビでもネットでもあれだけPV が流れているので大方の流れは予想していた。
 PVを見た時は、この世界の南部博士はギャラクター側なのかと思った。
 実際は違うが、あんな博士だったら完全な敵方の方がよかったなあ。

『Infini ─ T Force』世界観は独特で難しい。映画も同様で、丁寧に説明していたがちょっと頭でっかち感が。
 並行世界をキチンと押さえておかないと話が分からないので仕方がないが、タツノコの作品はまずその動きの良さにある。
 なんだが小さな世界でごちゃごちゃやっているようで、世界の危機感というか・・・スケールの大きさが感じられない。
 細かい事言ってないでスパッとはっきりしたアクションが見たかった。

 ジョーのマントがレースのカーテンみたいだったなあ。
 ジョーねえ・・なんというか・・・役者さんに恨みはないが・・・まったく合っていない。
 滑舌の悪さはもちろん、周りの特徴ある声に負けてしまい埋もれている。ジョーが言ったのかどうかもわかりにくいセリフもあった。
 彼が中心でもいい話なのに。なんでこの役者さんにしたんだろう??

 本編とは別物だが健やジョーが出るのならBD なども買おうかと思っていたが、あのジョーでは買う気が失せた。

 しかし・・思いっきり殴ったね、博士を。
 怖いよ、ジョー。ダークヒーローみたいでいやだ。

 半ばで南部が捕まって、さあこれでおしまい、よかったよかった、で終わったら暴れてやろーかと思ったけど、最後はアクションシーン多めで・・・淳はⅡ の最終回を思い出したが・・・それなりのクライマックスだった。(それでも物足りなさを感じる淳はいったい何を求めているんだろう)

 テレビ版が思ったより良かったし、なんといってもずーっと見てきたタツノコの55周年記念作品で新しい事に挑戦するも72年代のヒーローを出してくれた事に感謝し期待していたが・・・劇場版としてはかなり物足りない。
 もっとも90分のうち最初の15分はテレビ版の荒筋を追っていたので正味75分だもんね。あのスケールの話では時間が足りない。

「ガッチャマン」と銘打っているので健が中心となるのはいいが、後の3人と笑の描き方が中途半端。
 バードスーツ隊っていうのね、あれ。PV ではジョーの色合いに似ていてやだな~ と思っていた。
 それにしても式典でトラブルがあったのに、いつまでそこにいるんだ? 参列者。

 ひとつ引っかかったのがジョーのセリフで、ネクサスを使おうとする博士を健と2人で止めた。その挙句に健は撃たれたとあったが、この時の健はこの世界(パンフレットでは “南部の世界” と書かれている)の健だけど、ジョーは?
 この世界のジョー? それとも飛ばされる前の元の世界(ガッチャマンの世界)のジョー?

 普通に考えれば止めていたのはこの世界のジョーだと思うが、元の世界のジョーが「(健と共に)止めた」と言っているのはおかしい。
 従ってパンフレットのジョーの説明も、ん?? となる。

 この世界のジョーがどの時点で死んだのかはわからないが、この世界のジョーと元の世界のジョーが所どころで入れ替わり・・・なんて事も想像してしまう。(自分でややこしくしている気が)


 終わって客電が点いて・・・こういう時って、「よかったー」「つまらなかったー」と感情が室内に現れるものだが・・・淳も含め・・・感情が見える事なく皆さん静かに帰って行った。
 良かったらもう一度見ようかと思ったが・・・1回でいい。

「さらば友よ」で予見はできたが・・・ジョーに死んでほしくなかったなあ。



     劇場版ITF-2

     パンフレットとクリアファイル、コースター
     友人が送ってくれたジョーのチラシ





22:55  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT