2012.04/20(Fri)

夕方の階段


 西日が眩しい夕方の階段。

 大丈夫だ、降りられる。
 呼び出しに駆けつける事もできる。

 不調を隠せば水臭いと言われるだろう。
 だが奴に知られれば任務から外される。それではおれの生きている意味はない。

 だから、今回だけは・・。

 そう、何ともないんだ。
 後で「実は─」って皆に話して笑い合えるさ、きっと。


  ※ 恋愛お題ったー 「夕方の階段」で「笑い合う」「水」




スポンサーサイト
12:32  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT