2016.08/24(Wed)

波打ち際で死ぬ


 そう、おれはここで死ぬはずだった。
 だが誰の手筈が悪かったのかおれは生き残った。

 1人・・ただ1人で。

「生き残ったのではなく生かされたのだ。やるべき事があるから」
 と言ったのは誰だっけ。
 
 まったくその通りさ。
 生と死の合間を擦り抜けたおれは人生で最大の幸運を手に入れたのだ。

 2度はないだろう。



    ※ 創作タイトルお題ったー
        ジョージ・浅倉への今日のタイトルは「波打ち際で死ぬ」です。


スポンサーサイト
10:36  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT