2012.12/22(Sat)

これが、運命


 意識はしっかりしている。
 奴らの会話も聞こえるし情報も収集できる。

 ただ・・体が思うように動かない。
 クライマックスを前にちょっと暴れすぎたかな。

(これが、運命だって言うのか)

 だが・・・

(猛禽類をなめるなよ)

 彼らに会う事ができれば─。

 長い階段だ。
 行くしかない。

 登りきれれば、きっと・・・


  ※ セリフでお題ったー  
      ジョージ・浅倉が朦朧としながら「これが、運命だって言うのか」と言う巡り会いの話をRT        されなかったらかいてください。
スポンサーサイト
17:01  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●覚書き

この辺りのシーンを、ジョーの心情を書きたいと前々から思っていた。
が、結局書けなくて長い時を過ごしている。

これはその時にちょっと書いたものの一部。
たまたまツイッターのお題に出たので140字にまとめてみたが、これ以上は今はとても書けない。
淳 | 2012.12.22(土) 17:07 | URL | コメント編集

●あの階段は長かった事でしょう(涙)

あの階段を殆ど腕の力だけで上り切った彼…。
考えただけでも辛いです。
アニメではヒーローの血は描きませんが、本来なら血まみれの筈……。
その身体を引き摺って上ったと思うと、切ないし、痛々しいし……。
次に出て来たシーンでは石像の横に力尽きて横たわっていましたが、その間傍に付いて力づけて上げたかったな……。
minako | 2012.12.22(土) 19:47 | URL | コメント編集

●一度落ちるし・・

見ている方はずっと辛いけどモニターでゴッドフェニックスを見た頃からジョーの身体の中はアドレナリンで満たされたと思うの。
だからジョー自身は痛くも辛くもなかったって思いたい
そう思わないと直視できないもん

あの階段に諸君がいる予告編だけに出てくるシーン。
いつか使いたいです。
響子 | 2012.12.22(土) 22:56 | URL | コメント編集

●あの階段…

本来ならジョーが流した血がべっとりと……。
あそこを下りて行く彼らの心に去来したものは……。
ああ、朝から涙が……。
(しかし、良くギャラクターに発見されなかったものだ。
出血が止まっていたのか?)

……仕事しろ、私!
minako | 2012.12.23(日) 08:40 | URL | コメント編集

●minakoさん

minakoさん、こんにちは。

このシーンはかなり辛いですね。この先も・・・。
で、書けないんですよ、未だに(T_T)

>腕の力だけで上り切った彼
本当に。どのくらいの時間がかかったのでしょう。
みつかりませんように!と祈ったのを覚えています。

>ヒーローの血は描きませんが
初めて見た時は違和感あったけど・・・そうですね。あれで血まみれ、というか・・ほとんど全身撃たれているんだから、それはもう・・・←書けない

>その間傍に付いて
ええ、代わりに走って健たちを呼びに行きたかったです。
淳 | 2012.12.25(火) 16:47 | URL | コメント編集

●響子さん

いらっしゃいませ、響子さん

>アドレナリンで満たされた
ええ、それはあると思います。
スポーツ選手は、試合中は疲れも痛みも歓声さえも聞こえないと言いますしね。
登らなければ・・奴らに会わなければ・・の、一心だったのでしょう。

>階段に諸君がいる予告編だけに出てくるシーン
おお、あの一瞬の・・短いシーンをどのような画に表わすのでしょう。楽しみです。

数えた事はないけど予告だけに出て本話には使われなかったシーンってけっこうありますね。
それだけ集めてみてもおもしろいかも。 ←軽くおねだり ←自分でやりなさい!?

えー・・内緒ですが・・・あの落ちるシーンは格好よく(落ちて)て好きだったりします・・・
淳 | 2012.12.25(火) 16:55 | URL | コメント編集

●minakoさん

再びのお出ましありがとうございます(^O^)/

>あそこを下りて行く彼らの心
廖化さんが書かれたフィクにあるんですよ、そんなシーンが。
淳の大のお気に入りです。
もう読まれたかな?

>ギャラクターに発見されなかったものだ
ガタガタ揺れているしカッツエは怒鳴っているし、案外見逃したのか?
ギャラクターは横の連絡が悪いので、見つけても他の隊員には伝えていなかった?

>……仕事しろ、私!
フィク書いて!
え?書いてる?
はい、書いていないのは自分でございます<(_ _)> ←最近思いつかない・・・
淳 | 2012.12.25(火) 17:09 | URL | コメント編集

●淳さん、こんにちは(^-^)

>廖化さんが書かれたフィクにあるんですよ、そんなシーンが。

まだその作品は拝読していないです…。
沢山書いていらっしゃいますものね。
これからまだまだ楽しみがあると思うと嬉しいですわ。(^-^)
きっとそのシーンを読む時は画面が涙で霞んでしまうのでしょうね……。
minako | 2012.12.26(水) 15:13 | URL | コメント編集

●minako さん

>まだその作品は拝読していないです
そうですか。
たくさんお書きですからね、廖化さんも。

「道標」というタイトルです。
どうぞゆっくりご堪能くださいな。(覚悟して(^_^;))
淳 | 2012.12.26(水) 16:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/131-e9deec61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |