2013.02/09(Sat)

・・・嫌だ


  ※ セリフでお題ったー
      ジョージ・浅倉が子犬のような目で
       「…嫌だ。嫌だよ…」と言う幼少時代の話を見たいと言われたらかいてください。

 目の前で光が散った。
 それから・・それからどこへ・・。

 フワフワと体が揺れる。暖かい・・力強い腕で抱えられて・・?
 痛い、触らないで。

 ふと目が開いた。強い光が飛び込んでくる。
 ・・・嫌だ。嫌だよ・・・これがぼくのマンマとパーパを─。

「意識が戻ったのか」
「いえ、うわ言でしょう」

 知らない男の声がした。


スポンサーサイト
15:57  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●覚書き


のちにデブルスターの言葉を思い出した彼。

そのあとの南部に助けられたいきさつは、どのように記憶しているのだろうか。
淳 | 2013.02.09(土) 16:00 | URL | コメント編集

●おはようございます

確か、「なぜ俺は助かって生きているのか」、と言う台詞が『海底1万メートル』の中でありました。
勿論意識が無かったので、南部博士がどうやって自分を救い出したのかを覚えていないのは不思議ではありませんし、意識が戻ってから南部博士の事を認識したのでしょうね。
minako | 2013.02.10(日) 08:39 | URL | コメント編集

トラウマになっちゃいますよねえ。
悲しい過去だわ。子供の時の彼には酷だろうなあ。v-292
あたる | 2013.02.10(日) 14:47 | URL | コメント編集

●minakoさん

いらっしゃいませ~。

>南部博士がどうやって自分を救い出したのか
気が付いたらまったく知らない人がそばにいて、知らない国にいたら大人でも混乱しますよね。

ほら!フィク書きの腕の見せどころ! ← 自分で書け?ヒィ~ンv-356
淳 | 2013.02.10(日) 16:36 | URL | コメント編集

●あたるさん

このような僻地にようこそv-273

>トラウマ
子どもの頃に受けたトラウマは大人になってから再発すると、元記憶の何倍にもなって返ってくるそうです。

>子供の時の彼には酷
子どもゆえに上手く(無理やり?)処理したか、それとも感情を抑え込んでしまったのか。
書きたいなぁと思うのですが、それには何回かDVDを見なければならない(確認のために)ので書けないんですよー。

あたるさんのサイトで元気なジョーを見せてくださいな<(_ _)>
淳 | 2013.02.10(日) 16:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/141-71ed275a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |