2014.06/03(Tue)

『念願のミニ・オフ会』


 切っ掛けはチャットだった。
 淳が6月1日の「六本木大決戦!」に行くと聞いたキョーコさんが、「オフ会したい」と言い出して、そこへへいさんも、「上京しようかな」と。

 えー!新幹線で来てくれるの!?
 その後はメールで打ち合わせて、お2人とのミニ・オフ会が実現した。

 キョーコさんとへいさんと東京駅で待ち合わせる。
 キョーコさんとのネット上でのお付き合いは長いが、実際に会うのは初めてだが・・・まったく違和感がない。会ってすぐに喋り出す。
 よかった、ネット上と同じお人柄だ。
 お喋りに夢中で、へいさんが改札を通り抜け淳達の横を通った事も気が付かなかった。

 へいさんももちろん初めまして。
 ああ、やはりこちらもイメージ通りの女性(ヒト)だ。
 へいさんは知的美人、キョーコさんは頼れる姉御と呼ばせて欲しい。(お2人共淳よりお若いが)

 何をどう話してよいやら、(でもジョーの事を話したいという満々のオーラは感じる)・・・とりあえずひとつだけ空いていたオープンスペースの席に腰を下ろし喋る喋る。

 ・・・何を話したんだっけ??
 録音しておけばよかった! と思うほど夢中だ。
 やはりジョーの話になると、とたんに目付きが違ってくる3人。

 1時間ほどしてお昼も近くなったので河岸を変えようと・・・いや、その前に新しくなった東京駅の鷲にご挨拶。
 辰野 金吾が設計した当時の姿に甦った東京駅。
 彼の師がジョサイア・コンドルだから、鷲ではなくコンドルにすればよかったのにーと、コンドルには無条件に弱い3人が勝手な事を言う。

     2014年6月3日

 昼食はイタリアンレストランにて、3種類のピザを頼んでのシェア。
 もちろんただ食べているだけの3人ではない。
 ケータイの中のジョーを見せっこしたり、(淳はまだない!)へいさんお宝のスケブを見たり、(これも淳はない!)
 チャットでもそうだが、あれこれ説明しなくてもちょっと触りを言っただけで理解してくれるので話が早い。

 食事の場なので長居もできず、(いや、結構長く居た)またまた河岸を変えスタバへ。ここでも取り留めもなく続くお喋り。
 淳が発掘したノートの書き込みやジョーの事。

 しかし本当に違和感なく喋れる。まるで中学の頃からの同級生みたい。
「あの先生がね─」
 なんて話が出て来ても不思議ではないくらいに。
 ジョーに対する疑問やあれはどーいう訳だったんだろう? とか・・・とにかく尽きる事がない。

 3時間程喋りまくって、お名残惜しいが遠方のへいさんは車上の人となり淳はキョーコさんと横浜へ。
 横浜駅の乗り換え案内が多くなって驚いた、なんて話もニコニコと聞いてくれるキョーコさん。

 横浜は淳のホームでもあるが、キョーコさんが案内してくれたのはブルーラインと呼ばれる市営地下鉄の駅。
 駅ごとに番号が振られていて、ブルーラインから分かれるグリーンラインの2つめの駅がなんと「G2」という表示だという。
 それは見に行かなきゃ!

     2014年6月3日4

 実際には「G02」だったがそれでも充分。

「G10まである」
「増えたねー」

 と、ファンにしかわからない会話も楽しい。
 夕食を共にして別れたが電車に乗ってもしばしボォー。本当にお2人と話したんだなー、と変な実感。

 淳がいるうちに野毛山動物園のコンドルのショウくんに会いに行けるかな。
「ショウ」を「ジョウ」にしよう計画のために本当にサインペンを持ってきたのだ。

 コンドルのショウくんは、今は那須にいるあのコンドルのジョウくんと同じとべ動物園から横浜に来た。

 兄弟だっけ?
 あ、じゃあ点々うって「ジョウ」くんにしたらややこしくなる?


スポンサーサイト
19:38  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/320-d2aa576f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |