2016.06/11(Sat)

『海鷲特別企画  ~ 英雄たち ~ ささき いさお & 森 功至 スペシャルイベント in  京橋 』


 海鷲特別企画 ~英雄たち~  ささき いさお & 森 功至 スペシャルイベント 松下IMPホールにて


     海鷲特別企画 ー英雄たちー1


 ホール入口を入ってすぐに物販コーナーが。


     海鷲特別企画 ー英雄たちー2

 商品は事前にわかっていたが今までのイベントに比べれば少ないね。
 その横でSS特典のサイン入り色紙を交換。健とジョーが描かれていて森さんとささきさんのサインが入っている。
 本編の絵は望む術もないので覚悟していたが(申し込んだ時は絵柄はわからなかった)思ったより絵は良かった。キチンと包まれていて、銀英サイトのイベントだがガッチャマンの大事さもわかってくれているようで嬉しい。

 会場は800ほどのキャパだが狭く感じる。淳は前から3列目。
 しかしこの前のイベントもそうだったが、待ち時間にささきさんの歌を流すのはやめて欲しいな。
 これから本物を聴くのだから、その前に録ったものを聴くのは勿体無い。

 ─ ここから先のお2人の言葉は一字一句正確ではありません。雰囲気でこんな内容かな、と・・・。 ─

 始まりは唐突で、森さんの
「ある時は5つ─」
 出撃を促すガッチャマンに、
「えー、まだ3分前じゃねえか」
 と油断(?)させるジョー。
 結局健を置いて抜け駆けし、ステージに登場するジョー! いえ、ささきさん。

 薄いブルーのジャケットに白いスラックス姿が眩しい。
 まずは「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」のOPから。
 一瞬、なんでⅡ? などと思ってしまった。ガッチャマンといったら本編しか頭に無いもので・・でもささきさんが歌うのはⅡから。お恥ずかしや・・・。
 あー、やっぱり「ラジャー」ポーズは手を握ってるね。それ「ヤマト」です・・・。

 歌い終わり大きな拍手。そして赤なネクタイにグレーのスーツ姿の森さん登場。
「ステージに出る時は一緒にと誓ったではないか」
 ・・なんかお侍さんみたいな口調・・・。

 と、舞台に健とジョーの等身大の絵パネルが。
「元気か、健」
「ちょっと会わないうちに背が伸びたな(ジョー)」
 ジョーの身長を知ったささきさん、
「そんなでかいの!?」
 でかいんです。
「なんだー、(ささきさんの)でかいのは態度だけじゃないんだ」

 お2人のシャレやお話に笑う声が広がる。
 だがどんなに受けていても、お2人が話し始めるとピタッと静かになる。当たり前だけどすごい。

 このパネルの事はツイッターでも話題になったので知っていたが、もちろんどんな姿なのかわからなかった。てっきりバードスタイルかと思っていたら私服だ。
 だが・・2人にはほど遠く・・ジョーはやたらアゴが尖がっているし、健に至ってはたれ目で可愛いというより・・情けなく見える。
 ロビーに置いてあるのかと思ったがステージから降りなかった。

 森さんもささきさんも足がつるんだー、淳と一緒♪ 

 ヒーローの話が飲み屋の話になってしまい、ストッパー(MC)の銀英カフェのオーナーさんに、
「今日はヒーローの話を─」
 と訂正が入ると
「今のは疲労の話で」
 と、出た! いつのもささきさんダジャレ。もう飲んでる?(こらこら)

 まずはガッチャマン話。
 ささきさんは自分があてるのは健だと思った。アテレコ初日に杉山さんが来なかったなど。
 あ、また2年半(ガッチャマンの放映期間が)って言ってるー。

 ブリッジの「ガッチャマン」は皆さんでオーデションした。で、選ばれたのがささきさん。
「イラッとした」と森さん。「ガッチャマンはおれだよ」
 確かに当時主役の森さんではない事がとても意外だった。
 当時お2人は30代だったから大御所を前にアテレコ1つするのもなかなか大変だったようね。

 生アテレコはこのシーンだと知ってはいたが・・・声は仕方がないがスクリーンは見られず下を向いていた。(正直言うと声も記憶しない様にしていた)
 お2人が揃うのだから生アテレコは当然の流れだが、今回に限らず正直言って淳は演ってほしくない。このシーンだから辛いというのではなく、どのシーンでもだ。
 紛れもないご本人だが今ではない。あれはあの時だからこそ出せた声でありシーンでありジョーなのだ。それだけでいい。いや、それがいい。当時の想いを大切にしたい。

 こんな事言ったら参加できなかった方に怒られるかな。でも本心だ。

 お2人に竜の子作品は欠かせない。
 森さんは初めての主役は「マッハGOGOGO」だと言っていたが・・・竜の子では、という事かな?
 ささきさんが「キャシャーン」を歌う切っ掛けになった話は有名だが、聞くたびにガッチャマンの「打ち上げ」「忘年会」「新年会」と3パターン出てくる。
 ちなみに淳がむかーーし1番最初に聞いたのは「打ち上げ」だった。

 お2人に任せておくと話が止まらない。
 面白いのはささきさんは自由に好きに話しているが、森さんは・・もちろん自由に話しているものの、時々軌道修正される。話の内容を観客に説明してくれたり、MCのように展開されたり。いいコンビね、この2人。

「ガッチャマンはだんだん一緒に演っていた方がいなくなっちゃって」
「おい、なんで暗い話にもっていく」
 と、ささきさんに突っ込む森さん。
「ミッチは貫録がついてきた」
「もう大御所だね」

次の歌は「新造人間キャシャーン」のED「おれは新造人間」

「たぶん大丈夫(歌詞)だと思います。皆さんも一緒に歌ってください。その方が間違ってもわからないから」
 わかりますって。でも大丈夫だった。思わず、
「違えなかったー!」
 と、森さん。ソデで心配していたみたい。

「間違えなかったというだけで盛大な拍手をありがとうございます」
 それで拍手を貰えるのってささきさんぐらいよ。

 今回はわからないが、舞台前に歌詞が流れるモニタがあり、
「(歌詞が表示されるが)どこ歌ってるのかわかんなくなる。あれ(モニタ)も慣れないとだめだね。でも慣れちゃうと痴呆症になる」
 なるんですかー? ではしっかりと覚えてください! 

 このイベントは「銀河英雄伝説」主催なのでここで森さんの生朗読。
 いわゆる銀英のストーリーなのだが・・・すみません。全然わからなかった。始めのうちはナントカ話を組み立てていたんだけど名前が難しくて・・断念した。
 生朗読というから森さんが舞台に立たれて演るのかと思ったが、スクリーンには絵も出ずただ照明が点滅するだけ。
 聴いていて・・森さんは朗読と台詞を受け持っていたが・・朗読部分は録音? いや、生朗読と銘打っているのだから違うだろうが・・・。
 正直この30分は辛かった。(ささきさんは休憩だね)

「ナレーターの仕事でディレクタから “もっと面白くして(読んで)ください” って言われるけど、どう思う?」
 と、ささきさん。
「“じゃあお前やれよ” って」
 と、森さん。
 い、言うんですか?

「功至はあがり症だから」
「そばで震えているのがわかるもん」
 役者さんであがり症の方って多いね。

 このお2人なので覚悟はしていたが、離婚だの再婚だのまあ出るわ出るわ私生活話。
 森さんが離婚された時にささきさんが自宅に誘って、その時に別れの歌を聴かされて、
「ボロボロ涙が止まらなくて。いさおちゃん、ひどいよ~(って)」
「それに懲りてもう離婚しないと思ったらまたやったね」
 いーんですか、こんな話・・聞いて。

 舞台なのでマイクを通しての声だが、本当はマイクをちょっと外した時に聞こえるささきさんの声の方が好き。できればマイクなしでの歌やトークを聞きたい。

<アニメソングメドレー>
「宇宙戦艦ヤマト」
「真っ赤なスカーフ」
「銀河鉄道999」
「青い地球」

 が、「青い地球」は2番の歌詞が出なくなりストップ。恒例の(こら!)歌い直しを。
「アンコールの言葉にお応えして」
 うん、確かに飛んでたアンコールの声。
 ささき「1回間違えるとハラハラするでしょ」
 森「ぼくは逆に舞台のソデでホッとしたよ」
 な、なんで?

<質問コーナー> 
 が、その8割が会場で売られているパンフに載っているので、今ここでやるのもなんなので・・・というわけで、お2人のキャラクタの台詞を会場の皆さんにと<サービスコーナー>に変更になる。

 まずささきさんはヤマトの斎藤始を。
 えー! ここはジョーでしょー!
 確かにアテレコでジョーを演られるのはイヤだけど、でもヒーローと銘打ってジョーとして呼ばれているのならやはりジョーを演ってもらいたい。 ← 勝手なこと言ってます

森さん  桐生 悟郎(ヤマト2199) 藤堂貴之 ガルマ・ザビ ミッターマイヤー
ささきさん  斎藤 始 マイケル・ナイト  マイケルの生「ひゃっほー!」
「よくそんな声が出るね」と呆れる森さん。

 なんとこの会場にナイト2000で来ている人がいるとか。
 トランザムのナイト2000レプリカオーナーだね! 日本に正規店があったので不思議ではないがすごい! 見たかったなあ。
 森「ナイトライダーに乗って会場に来ている人がいるとか」
 ささき「ナイトライダーじゃなくてナイト2000に乗ってきた。ナイトライダーはおれだよ」 

 さらに会場にいらした潘恵子さんを舞台上に(無理やり?)引っ張り上げる。

 潘恵子  ララァ・スン   
 この後、潘さんからムニャムニャ発言があったが「ブログに書かないでね」というので書きませぬ。

 ゲストは潘さんだけのよう。なのでスラスラ進むステージ。

<お2人への質問コーナー>
『今までに言いにくかった台詞は』
ささき「初めてアテレコしたエルビスの “燃える平原児” という映画で─ “ このまま馬で町まで─” というのが、ままま・・・になってしまって」
森「めざましテレビでの、“きゃりーぱみゅぱみゅ”。 ぱにゅでええやん」
 あとささきさんはヤマトの「真田さん」も言いにくかったと。これは確かに他の方たちも言いにくそうだったね。

 ささきさんの広川太一郎談は懐かしい。
「鍛えられたよ、あの人に」
 ダンディ2で共演されたお2人は仲良くなり、その後広川さんがDJをされていた深夜放送(ラジオ)によく遊びにいらしていた。
 なにせ深夜なので帰れなくて、放送後そのまま始発まで演劇談義・・なんて日もあった。

『吹き替えをしたい俳優さんは』
 ささきさんはゲイリー・クーパー。
 森さんはダスティン・ホフマン。

『喉のために気を付けている事は』
 ささき「だから酒飲まない事だよ」
 ごもっとも。
 ささき「喉は甘やかさないである程度いじめた方がいい」
 ・・いじめ方にも寄ると思うけど。

『出演された作品のグッズは持っているか』
 ささき「CDのセットに付いていたプラモデルのヤマトとガッチャマン(健なのか?)のフィギュアとナイトライダー(マイケルか?)のプラモデルと」
 森「昔はマッハ号のプラモデルをやっていた(作っていた)けど今は無いなぁ」
 そこでMCが銀英のグッズは? と聞くと、
「引っ越しでどっか行っちゃったんだ」
 えーっ!! とMCとファンの叫びが。それはマズいよね、森さん。
 プレゼントは現金(5千円以上!)がいいという話もチラホラ・・。

『飲み会が多かった現場は』
 ささき「ぼくはガッチャマンだね」
 森「いさおさんと演った “愛してナイト”」
 だそうだ。タバックだったらちょっと行けば繁華街があるもんね。

 そして芸能生活60周年(森さん)と55周年(ささきさん)の感想を。
 森「この世界は親の死に目に会えると思うなと」
 ああ、よく言われたワ。
 「今はアルバイトでメシが食えるから。そういう厳しさやハングリな部分を若い人が持ってくれれば」
 「神様はいじわるじゃない。いい瞬間がやってくる」
 ささき「苦労はその時は苦しいけど、過ぎてしまえばいい思い出になっている。そんな事もあったよな、ははは・・。離婚したよな、ははは・・(って)」
 MCの、離婚の話題が多い、に
「だってぼくといさおちゃんじゃ離婚を避けて通れないもん。でもいさおちゃんは再婚して幸せじゃん」
「おれが幸せなんじゃない。上田みゆきが幸せなんだ」
「おいおいおい」
 会場からひゅーひゅー♪

 新曲の「今の向こうの今を」森さんの口上で。
 この曲は淳の好きなささきさんの声域がたっぷり聴ける。

 そしてラストは待ってました! お2人が歌う本篇の「科学忍者隊ガッチャマン」のOP!
 冒頭がⅡだったのでラストにこれを持ってくると思っていたー ♪

「ある時は5つ、ある時は1つ。実体を見せずに忍び寄る白い影。G1号大鷲の健。またの名を科学忍者隊ガッチャマン!」
「同じくG2号、コンドルのジョー!」

 おおお、これは当時のお声に近い。
 バックスクリーンに本篇の絵が出てドキドキ・・。よくよく見ればスタッフの豪華な事!
 なぜか2、3番は絵ではなく歌詞が。羽根手裏剣の絵も~♪

「皆も歌って~」
 と、森さん。
 しかしご本人は歌うのをやめた? 合わせるの難しい? だけど最後に、
「科学忍法火の鳥!」

 満場の拍手の中、幕が下がる。鳴りやまないアンコール拍手。
 普通だとここでアンコールがあるのだが、そのまま終了のアナウンスが入る。
 全部で2時間22分と少し。アンコールがないのは残念だけど予定通りだね。

 ロビーでMCをしていたオーナーさんにご挨拶。
 絵パネルと写真を撮りたいとお願いしたが、もうすでに搬出されたという。会場の時間があるのね。残念。
 日帰り組の方々の姿はすでにない。実体を見せずに忍び帰られたようだ。


     海鷲特別企画 ー英雄たちー3


     海鷲特別企画 ー英雄たち-4

 森さんもささきさんもサインは昔とちっとも変わらない。
 今はひらがな表記のささきさんだが、淳からすればやはり漢字の方が馴染みがある。(本当はブログも漢字表記で書きたい)
 パンフレットはもう少し写真や絵などあるかと思っていたが・・・版権などあるからか。


スポンサーサイト
22:42  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ありがとうございます

淳さま、こんばんは。

詳細レポートありがとうございます。
当日の様子が甦ってきました。
もう一週間経ってしまったんですね…。

自分の記憶違いもわかって良かったです。
私はこんないい加減な人間で申し訳ないですが、また機会がございましたらよろしくお願いします。
じゃいらーん | 2016.06.19(日) 21:55 | URL | コメント編集

待ってましたよ、淳さん♪
やっぱり前の方で見ていた方のレポートは臨場感があっていいわ♪

マイクの調子のせいか、会場がざわついていたせいか?後ろの席では言葉が聞き取れないところもあったので補填できました。
落ちこんだ時はまたここに来てこれを読んで元気を出そうっと!

版権とかいろいろ大人の事情もあったであろう中、楽しませてもらいましたわね。
今度は健とジョーがたっぷりあるイベントへ行きたいぞ~。淳さん、企画して!

SS特典の色紙も出していただいてうれしいっ!ありがとうございま~す♡
45周年の来年も楽しみですね。どこで何をやるかわからないけれど、またお会いしましょう\(^o^)/
キョーコ | 2016.06.19(日) 23:33 | URL | コメント編集

●じゃいらーんさん

こんにちは、じゃいらーん。

イベントがあると今まではお名前しか知らなかった方々のお顔を拝せておしゃべりできて、ほんと楽しいですわ。 ♪

>自分の記憶違いも
え、あら、もしかして淳の方が記憶違いしているかも。
カキカキしたノートがすごいんです。自分の字が読めないんです。 (^_^;)

きっとまたそちらのイベントに行くと思いますのでお会いしましょうね。
淳 | 2016.06.21(火) 16:14 | URL | コメント編集

●キョーコさん

ありがとうございます、キョーコさん。

>言葉が聞き取れないところも
え、そうだったんですか!?
うわ、このイベントでそれはきつい。
確かにお2人が何か言うたびに笑い声などが大きく上がっていましたしね。
淳はスピーカに近かったせいか、音割れなどはなかったと思います。

>元気を出そうっと!
じゃあ淳は「ジョーくん」をからかおうっと!(こらこら)

>企画して!
Bさ~ん!(こらこらこら)
当時だったらそんな気力もあったけど、今はふつーのおばさんなので。 (^_^;)
実際できたとしても、しっちゃかめっちゃか(・・どこの言葉?)になりそうだワ。

>SS特典
あれってSSの人しか購入できなかったのかしら?
確かに数量限定ではあったけど・・。

>来年も楽しみ
うんうんうん (^◇^)




淳 | 2016.06.21(火) 17:36 | URL | コメント編集

●レポート有り難うございます

大阪では、お世話になりました。
レポート有り難うございます。さすが、淳さんメモを取っていらっしゃるから細かくレポートなさってますねー。
私も書かなくては、同人誌に載せるを先に書いてからと思っているので、なかなか完成しません。淳さんのレポートも参考にさせて下さいね。

>SS特典
SS席の料金+色紙代のチケットです。限定50枚です。チケットが買えたこと超幸運でした。
バナー | 2016.06.22(水) 18:39 | URL | コメント編集

●バナーさん

こちらこそ、毎回何かしらお世話になっております。
こうしてイベントに参加できるのもバナーさんのおかげと感謝しております。

>メモ
これまでのイベントでもメモを取っていたので何とかなると思ったのですが、今回はおしゃべりが多くて大変でした。
暗いし、焦ってノートを床に落としたりと・・迷惑なヤツでした。

帰ってメモを見ると・・自分で書いたのにわけわからん状態になっていて、なので書いて3日が勝負です。
それ以後だと記憶が薄れてますますわからん・・・。 (-"-)

>参考にさせて
いえ、私も記録(記憶?)違いしているかもしれません。
本当はバナーさんがアップされてから(確かめて)こちらをアップしようと思っていたのですが・・。 (^_^;)

主催者さんがアップされましたね。
そちらを参考になさった方がいいと思います。 (^.^)

>SS特典
実はこの書き方は迷ったんです。
こう書くと色紙はSS席と込みになっていると思われるかな、と。
でも当日フロントにしっかりと「SS特典 サイン」と表示されていたので、こちらも「SS特典」と表記しました。

・・・よくよく見ると「サイン」とありますが、「色紙」とは書かれていませんでしたね、フロントの張り紙。

>超幸運でした
バナーさんに思い出していただけた淳は超超幸運でした!
ありがとうございます!
淳 | 2016.06.23(木) 15:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/471-bf2af26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |