2016.08/24(Wed)

波打ち際で死ぬ


 そう、おれはここで死ぬはずだった。
 だが誰の手筈が悪かったのかおれは生き残った。

 1人・・ただ1人で。

「生き残ったのではなく生かされたのだ。やるべき事があるから」
 と言ったのは誰だっけ。
 
 まったくその通りさ。
 生と死の合間を擦り抜けたおれは人生で最大の幸運を手に入れたのだ。

 2度はないだろう。



    ※ 創作タイトルお題ったー
        ジョージ・浅倉への今日のタイトルは「波打ち際で死ぬ」です。


スポンサーサイト
10:36  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

うぅ・・。海岸の男の子に弱いキョーコです
去年、難民の男の子が波打ち際で亡くなっているニュース映像を思いだしました。
あの時もちびジョーのことが頭をよぎったわ。

やはりあの時アランに会っただけではなく、あの海岸へも行ってみたのね。
海の底で甦った記憶が本当なのか確かめたかったのかしら。確かめれば心の傷が深くなることはわかっていたと思うけど、やっぱり行っちゃうの。
そこがジョーらしいといえばそうなんだけど、過酷な宿命よね

淳さんも過酷なお題で、よくぞ書いてくださいました。
キョーコ | 2016.08.25(木) 15:35 | URL | コメント編集

●キョーコさん

>海岸へも行ってみた
淳のフィクではそうなっているので・・・。
本篇ではそんなシーンは無かったので書こうかどうしようか迷ったけど、BC島に行ったらやはりあの海岸は無視できないしね。

>過酷なお題
自分でもイヤなんだけど・・・こーいうお題だとスラスラ出てくるのよね、ストーリが。
印象的なシーンなので書きやすい(思いつきやすい?)んだろうけど。

私がジョーにしてあげられる事って、こーいう事しかないのかな。

淳 | 2016.08.27(土) 17:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/477-6ef7bd5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |