2017.09/29(Fri)

亡郷


「じゃあな、ジョージ。ゆっくり休んでくれ」

 小脇に何冊かの本を挟みアランは出て行った。
 ジョーはベッドの上で膝を抱えて丸くなった。

 写真の娘がアランのフィアンセだって? 確か以前にサーキットで会った娘だ。
 あの後おれは健の指示で現場に赴き、逃げてくるデブルスターを1人羽根手裏剣で仕留めた。
 まさかあの娘か?
 いや、その時とは限らない。デブルスターとは何度も遣り合っているのだ。
 しかしあの娘はサーキットには来なかった。

 ジョーは両腕に力を入れた。
「眠くなった」と言いながら手足を伸ばさず丸くなるのは自己防衛の表れだろうか。
 だが顔を上げたくない。上げればあの写真が目に入る。
 スピードレースをしようと約束したあの娘は・・・誰だ。


 大怪我を負って帰ってきたジョーは南部博士に叱咤されるのを覚悟していた。
 すでに健から報告を受けていた南部は彼を見ると、「大丈夫かね」とひとこと言っただけだった。
 心配をかけたんだ、とジョーは思った。

 あれだけ銃を向けられたのに怪我は思ったより軽く済んだ。
 持ち前の体力で体の傷の治癒は早かったが、心の傷はそう簡単に治るものではなかった。
 それでもジョーはそれを表に出さなかった。
 誰に─ 南部や健にさえ─ 話したところでどうしようもない。これはおれ自身が向き合っていかなければならないのだ。

『復讐したからってどうなる。 虚しさを味わうだけだ』

 友の声が耳に残っている。
 彼の言った事は正しい。だが世の中、正しい事だけで生きて行けるわけじゃないんだ。
 特におれのような人間は・・・。


 世界平和とか正義のための戦いとか、そんなものはおれにはない。
 南部博士に見せられたメカで、武器で、暴れられる、両親の復讐ができる。
 おれはそれしか考えなかった。そして実行してきた。

 アラン、今度お前と会う時、おれはどのように見えるだろう。
 お前の言うとおり、復讐など忘れて穏かに平凡な人生を送った幼馴染か。それとも、血で手を汚し続けた婚約者の仇か・・・。

 おれはなぜアランを撃ったんだ。
 健に銃を向けられたから? いや、あいつがそんな物で困るはずはない。
 わかってる。なのになぜ?

『復讐に狂うお前の姿が、おれの憎しみに火をつけた』

 アランに銃を撃たせてはいけない。復讐に狂うアランは見たくない。
 復讐に狂う姿を・・・。

 おれはおれを撃ちたかったのか。


 ああ、だが今は眠ろう。もう少しの間だけ。
 お前の言葉を覚えている間だけ・・・。


                                   

                          完




スポンサーサイト
15:45  |   Gフィク  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●覚書き

この話は「海峡」「島風」「鐘鳴」に続く4作目(完)です。
でも前作を読まなくてもわかりますねー。

話の間を埋めたいと思い書き始めたけど、まだまだ埋まってはいない。
内容をちゃんと掴まないと間は埋められないが・・ま、そこはそこで。(??)

しかしフィク書きの何がつらいかって、書く前と書きあがった後に間違いがないかBDを見直す事。
覚えているつもりがちょこちょこ間違っていたりするので一応見るのだが・・・。
特に31話や78話、81話はつらいね。
でもここは本篇に沿ったフィク枠なので大きくずれたくはない。(フィクなので多少はお許しを・・・)

これでは最終回辺りなんて、とてもとても書けないー。


淳 | 2017.09.29(金) 15:49 | URL | コメント編集

●故郷はない

929に81話のフィクが読めるとは思いませんでした。
よい意味で裏切られました~~。

ジョーの場合は自分のアイデンティティーを確かめるだけでも心の傷を大きくするのに、さらにそこに大量の塩を塗りつけてしまうことになってしまいました。
ある意味最終回より重苦しい気持ちになるわ。

望郷ではなく亡郷という題名に涙しました。

>最終回辺り
すみません。今日観てまた泣きました。
淳さんは脳内再生したのかな
があわいこ | 2017.09.29(金) 23:22 | URL | コメント編集

ツイの方は拝見させていただいたのですが、恐れ多くもこちらには初めてお邪魔させていただきました!

「おれはおれを撃ちたかったのか」
健が復讐に狂ったときも言ってましたね、鏡を見ているみたいだと、俺の気持ちはこうだと…

彼は今まで正しいと思い自分の信念に沿ってやってきたところでこの問題提起回だったのでつらいですね…
それでもなお最期まで復讐に生きるしかなかったジョー、つらい…

命日フィクごちそうさまでした!
(個人の解釈なので解釈違いでしたら水に流してください、すみません(^_^;))
どろ院 | 2017.09.30(土) 00:33 | URL | コメント編集

こんばんは。
遅れてしまいました・・。

そうよね、ジョーにとっては故郷でありそうでもない・・というか、辛いことしかないですよね。
まあモデルとしてなので違うかもしれませんが、シチリアの空と海が綺麗て明るい表情をしていたのを思い出すと、彼がもしそんなところで8歳まで過ごせたのなら、なんだか悲しい。

>最終回

うちのレビューももう70話後半なので、近づきます・・・
(元気なジョーを見ていると辛いよ・・)

kisara | 2017.09.30(土) 20:14 | URL | コメント編集

自分の出自を知り、何を思って故郷へ向かったのか。
そこで幼馴染を失い更に傷を深めることに。

>ああ、だが今は眠ろう。もう少しの間だけ。
せめてひと時、安息の時間が彼に訪れますように。

>何がつらいかって、書く前と書きあがった後に間違いがないかBDを見直す事。
全く同感です。
特に最後に近付くほど、指の隙間から画面を覗き見ることに・・
へい | 2017.09.30(土) 21:36 | URL | コメント編集

●があわいこさん

いらっしゃいませ、わいこさん。

>81話のフィクが
途中まで書いて放り出していたので、とにかく完結させたいと思いまして。
929のネタがなくて・・・。 (^_^;)

>心の傷を大きくするのに
誰だって・・・たとえジョーが強い人間だとしても・・・つらい思いをするだろう場所に行きたくないはず。
でも彼は選んだ。
そんなジョーを書きたかったけど・・・まだ欲求不満です。

>亡郷という題名
始め「亡国」かな?と思ったけど、なんか違う・・・。
で、言葉を作ってしまいました。
考えてみると、つらい題名だなー。

>脳内再生
実はここ数年、最終回辺りは見ていないんです。
ガッチャ巡礼も102辺りで止まって、それ以上行かれません。
なので929を書くなら見ないといけないかなと思い・・・逃げました。
29日の脳内再生はなんとか。

淳 | 2017.10.01(日) 15:59 | URL | コメント編集

●どろ院さん

まあまあ、いらっしゃいませ、どろ院さん。
ようこそ、コメントをありがとうございます。嬉しいです。

>信念に沿ってやってきた
もしもジョーが両親の仇をうったら・・・その時は忍者隊をやめていたのではと淳は思います。
それでもそれを目標に進むしかなかったとしたら・・辛すぎますね。
ましてや自分の故郷で、幼馴染の前で戦わなければならないのは・・。

>「おれはおれを撃ちたかったのか」
この話って結局これが言いたかったのかなーと。 ← いま?

>解釈違いでしたら
いえいえ。
同じ話を見ても感じることは人それぞれですから、とーーっても大きくはずれていなければ大丈夫かと。 (^.^)


淳 | 2017.10.01(日) 16:14 | URL | コメント編集

●kisaraさん

こんにちは、kisaraさん。
読んでいただきありがとうございます。

>綺麗て明るい表情
淳は映像でしか知らないけど、美しい所というのはわかるわ。
彼は覚えているのかな、その美しさを明るさを。
あの砂浜での出来事しか覚えていないとしたら・・・悲しいね。

>70話後半
この先は片目で見ます、レビュー。 ← ??

淳 | 2017.10.02(月) 16:31 | URL | コメント編集

●へいさん

こんにちは、へいさん。
いつもありがとうございます。

>安息の時間
読んでいると、なんだか場面がバラバラだと思いませんでしたか?
ストーリーになったりモノローグになったり・・・。
ジョーの混乱を表したかったのですが、あまりうまくいきませんでした。 (^_^;)

そして・・・今は・・怪我を癒し中の今は・・眠らせてあげたかった。

>指の隙間から
やはり皆さんそうなんですねー。
淳なんか、ふと気が付くとものすごい怖い顔してますよ。
額にシワよっちゃって、口がへの字になっている。

へいさんのお話も楽しみにしています。
ゆっくりじっくり書いてね。


淳 | 2017.10.02(月) 16:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://g2joe.blog97.fc2.com/tb.php/528-04918cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |