2017.10/07(Sat)

『2の煩悩 』


 先日、スーパーで店員とじゃんけんをして勝つとボトルコーヒー2本、負けても1本貰えるイベントをやっていた。
 ここは以前も勝つとバナナ1房、負けると1本くれたイベント好きな店。
 この時淳はチョキ(2)を出して勝った。

 で、先日は─
 店員の出すパターンを見極め、どうやら淳の時は「グー」だと読んだ。が、これではチョキ(しつこいが2 )を出すと負けてしまう。
 ものすごくコーヒーが欲しいわけではないが負けるのはいやだ。
 でも2・・いや・・チョキを出したい。いや負けたくない。
 2を出さない気か、淳。でも勝ちたいじゃん。ねえ、ジョー。

 大いなる葛藤の結果、グーに勝つパーを出した。と、相手もパー。
 あ、あれ、グーじゃないの? なんで??
 焦った淳は次になぜかグーを出してしまった。相手は再びパー。
 ま、負けた・・・。
 最初から素直にチョキを出していれば勝てたのに・・・なんで淳の前でパターンを変えるんだよぉ~。

 この時、変な小細工はしないようにしようと誓った。

 そして今日。
 今回はくじ引きで選んだ紙に書いてある数だけお菓子が貰える。
 と、いっても大きな袋菓子のうちの1つなので大した事はない。
 参加しないつもりでその前を通ったら顔見知りの店員に声をかけられたのでそれでは─ と。

 紙の入ったボックスは蓋が左右に揺れるごみ箱に使うようなもの。
 手を入れる時、中が見えてしまった。

 あ、端っこに「2 」と書かれた紙が!
 でも・・お菓子2つかあ・・。
 いやいやせっかく2が見えたのだから、ここは取らなきゃ。
 もちろん蓋は閉じているが場所はわかる。

 ・・・小さなおせんべい2つ貰った。

 こうやって日々2の魔力に翻弄されていく・・。(そーか?)



16:00  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10/03(Tue)

『 Infini ─ T Force 』


 タツノコプロ創立55周年記念の一環で製作された「Infini-T Force」を見た。

 この企画を聞いた時に淳の気に入る内容ではなかったのでWeb コミックを少しだけ読み、サイトをちょっと覗いただけで放っておいた。
 なので予備知識もないままに放送を見たのだが。

 のっけからヒゲ健(これは知っていた)が出て変身。
 降下していくマントが大福のように広がって、思わず「格好わるっ!」と叫んでしまった。
 後はポカンとただ見ているだけだった。

 やけに人間っぽい動きをするなあと思ったら、モーションアクターを使った3DCG だったのね。(これは知らなかった)
 そうか、ただのCD アニメかと思っていた。
 しかしあのフワフワポヨポヨした動きにはまだ慣れない。

 バードスタイルのあの腹筋の割れ方がなんかいや。あとの3人はそう思わないけど・・。
 ガッチャマンが1番違う気がする。

 これがタツノコの記念作品・・・。

 まだ1話目なのでこれだけで評価できないかもしれないが・・・いや、するね、淳は。
 もっとも本篇以外で満足のいく作品が出てくるはずないのだが。

 エンディングロールに並ぶ懐かしい役名が悲しく見えた。


15:39  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10/02(Mon)

復讐


「今日こそはツケを払ってもらうよ」

 ドアを開けたとたんこれだ。
 爽やかなツラしたリーダーに甚平が食い下がっている。

「財政再建案を出すよ」
「どこの国だい?」

 お、会話が高度になったぞ。
 正義の味方の素顔は借金踏み倒しヤロウか。

 こいつらのやり取りを聞いていると、復讐だ! と息巻くおれは建て直しはできないな。




   ※ ガッチャったー
       ジョージ・浅倉さんの今日のお題は『復讐/素顔/ツケ』です。  



16:15  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/30(Sat)

『亡郷』


 サーキットの少女がアランの婚約者だと知ったジョー。
 彼は以前、自らが倒したデブルスターを思い出す。
 彼女がアランの─?
 その少女を死なせたのは自分だと知りショックを受ける。

 だがこのシーンはおかしい。
 ジョーは羽根手裏剣を胸に虚空に消えたデブルスターの素顔は見ていないのだから。

 約束のサーキットで少女を待っていたのは、彼女の死を知らなかったからだ。
 なのになぜ、写真を見て アランの婚約者 = あの時のデブルスター を結びつけたのだろうか。

 彼が自ら倒したデブルスターは少女1人だったのか。
 それとも後日、何らかの形で少女の事(素顔)を知ったのか。

 しかしそのシーンは本篇には無いのでここでは考えない。

 それならあのアランとの会話のシーンはどう解釈したらいいんだ?
 本篇で描かれているので勝手に変えるわけにもいかないし・・・。

 そんな事を考えながら書いていたら思ったより短くなってしまった。
 ま、本篇以上の話は書けないので、これでいいの・・・か?

 ちなみに、「亡郷」という言葉は辞書には無く、故郷を失くしたという意味で付けた。


16:29  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/29(Fri)

亡郷


「じゃあな、ジョージ。ゆっくり休んでくれ」

 小脇に何冊かの本を挟みアランは出て行った。
 ジョーはベッドの上で膝を抱えて丸くなった。

 写真の娘がアランのフィアンセだって? 確か以前にサーキットで会った娘だ。
 あの後おれは健の指示で現場に赴き、逃げてくるデブルスターを1人羽根手裏剣で仕留めた。
 まさかあの娘か?
 いや、その時とは限らない。デブルスターとは何度も遣り合っているのだ。
 しかしあの娘はサーキットには来なかった。

 ジョーは両腕に力を入れた。
「眠くなった」と言いながら手足を伸ばさず丸くなるのは自己防衛の表れだろうか。
 だが顔を上げたくない。上げればあの写真が目に入る。
 スピードレースをしようと約束したあの娘は・・・誰だ。


 大怪我を負って帰ってきたジョーは南部博士に叱咤されるのを覚悟していた。
 すでに健から報告を受けていた南部は彼を見ると、「大丈夫かね」とひとこと言っただけだった。
 心配をかけたんだ、とジョーは思った。

 あれだけ銃を向けられたのに怪我は思ったより軽く済んだ。
 持ち前の体力で体の傷の治癒は早かったが、心の傷はそう簡単に治るものではなかった。
 それでもジョーはそれを表に出さなかった。
 誰に─ 南部や健にさえ─ 話したところでどうしようもない。これはおれ自身が向き合っていかなければならないのだ。

『復讐したからってどうなる。 虚しさを味わうだけだ』

 友の声が耳に残っている。
 彼の言った事は正しい。だが世の中、正しい事だけで生きて行けるわけじゃないんだ。
 特におれのような人間は・・・。


 世界平和とか正義のための戦いとか、そんなものはおれにはない。
 南部博士に見せられたメカで、武器で、暴れられる、両親の復讐ができる。
 おれはそれしか考えなかった。そして実行してきた。

 アラン、今度お前と会う時、おれはどのように見えるだろう。
 お前の言うとおり、復讐など忘れて穏かに平凡な人生を送った幼馴染か。それとも、血で手を汚し続けた婚約者の仇か・・・。

 おれはなぜアランを撃ったんだ。
 健に銃を向けられたから? いや、あいつがそんな物で困るはずはない。
 わかってる。なのになぜ?

『復讐に狂うお前の姿が、おれの憎しみに火をつけた』

 アランに銃を撃たせてはいけない。復讐に狂うアランは見たくない。
 復讐に狂う姿を・・・。

 おれはおれを撃ちたかったのか。


 ああ、だが今は眠ろう。もう少しの間だけ。
 お前の言葉を覚えている間だけ・・・。


                                   

                          完




15:45  |   Gフィク  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/22(Fri)


 青い空を翼を広げ羽ばたく。
 そんなあなたはただただ強く雄々しくそして美しい。

 太陽の光を身に受け、海も空もそのブルーの世界を己の物とし自らもブルーの神々しさを纏い、青い希望となって私達の心を引き付ける。

 なんと魅力的なその姿。

 そして─。

「コンドルってほとんどは黒じゃねえか?」

 いーのっ!!



   ※ ガッチャったー
      ジョージ・浅倉さんの今日のお題は『翼/青orブルー/青orブルー』です。 

11:14  |  ツイッターで書いてみた  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/16(Sat)

『 T くんからのおくりもの』


 淳には45年来の友人がいる。
 もちろんもっと付き合いの長い友人もいるが、年賀状以外で連絡を取り合い、そして淳の本性(!?)を知るリア友はこのT くん(女性)ぐらいだ。

 先日、彼女からメールが来て、

『池袋のタツノコ展に行って、(淳に)お土産を買ったから送る』

 という。

 あちゃー、そうか、急だったし日帰りなので行く事を誰にも伝えていなかったっけ。
 日々忙しいT くんはあまりブログにも寄れないので記事を読んでいないのだろう。

「実は行ったんだー。ブログ見てー」

 と、返信すると淳の行動力にちょっと驚いたようだ。
 まあ、わざわざ行くかなーというところだが、元々は関東の出なので未知の地に行く怖さがないからね。
 それより私から見れば、未だ忙しい世界に身を置き頑張っているT くんの方がすごいと思うけどね。

 で、送ってくれたお土産。

     Tくんから1


 手ぬぐいは淳も買って来たけど何枚あっても嬉しい!
 淳になら、やはりこの柄の手ぬぐいを選ぶよね。
 さすがわかってる~。


 あと手当たり次第、これも入れちゃえと入れてくれたグッズ。


     Tくんから2


 三鷹の地域誌が欲しかったんだ。それとガッチャマンの封筒(白)と紙袋(茶色)がいいね~~。
 クリアファイルも好きなので嬉しい。
 ありがとね、T くん。

 45年って・・そうか、ガッチャマンが始まった年の4月に同じクラスになったんだ。

 リアもネット上でも良い友人に恵まれている。
 
 まだまだ10年20年先も幸せな時を過ごせますように。




 
17:17  |  『淳のひとりごと』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT